保険が効かない自由診療です

インプラント

歯の欠損治療を行う際に、インプラントにしようかどうか迷っている人が増えています。つまり、それだけこの治療方法が堺市などで普及してきたともいえます。取り外し式の入れ歯とは異なり、脱着の必要がないので煩わしさがありません。自分の歯のように食べ物を噛めるという安定があるので、食事に対するストレスがあまりないです。インプラントの手術は、人工歯根を埋め込む手術と、アバットメントを連結するための手術との2回に分けて行うことが一般的です。1回の手術で済ませる方法はありますが、顎の骨の硬さや骨量が十分でないとなかなか難しいです。このように様々なメリットがある治療方法ですが、保険診療が効かない治療という特徴があります。そのため、費用の面が気にかかって治療をためらう患者が少なくありません。これは、保険診療で使うことができる医療材料について厳しく決まっているからです。しかし、インプラント治療は各地で広く普及していて、確立したシステムで安全に治療が受けられる時代となりました。だからこそ、長い期間付き合ってくれるインプラントを入れてみると良いかもしれません。一般的には、歯1本あたり約40万円が治療相場です。この値段が高いかどうかは、治療を受ける患者の受け止め方で変わります。ただし、インプラントは一度装着すると、その後の費用はほとんどかからないため、維持費の心配はあまりないという特徴を有します。

医療費控除申請について

インプラント

インプラント治療は保険が効かないので、費用は全部自分で負担しなければなりません。しかも、一般的に歯1本あたり、約40万円するので治療を躊躇する人が多いのは決して不思議なことではありません。しかし、確定申告で医療費控除の手続きをすれば、税金の一部が戻ってきます。サラリーマンでは年末調整がありますが、医療費控除の手続きは会社任せにはできません。そこで自らが確定申告をして、払い過ぎた税金を返してもらうのです。当然ですが、堺市でも確定申告の手続きは行えます。インプラント治療は医療費控除の対象と認められているので、この制度を利用して税金を戻さないと損することになります。ちなみに医療費控除の申告は、本人の医療費だけではなく、家計が同一であれば配偶者や親族の医療費も対象となることは是非知っておきたいです。これによって妻や子供の医療費だけではなく、仕送りをしている実家の親の医療費も医療費控除を受けられます。医療費控除の手続きには、医療機関で受け取る領収証などが必要なので破棄せずに保管しておくことが望ましいです。