これまでとこれからも

--- 政治家(議員)になった動機(きっかけ)は?

私の前職は約11年間民間企業で飛び込み営業中心の新規顧客開拓業務を担当していました。
厳しい経済情勢の中、血の出るような思いで戦っている中小企業等で働く方々の熱い思いや痛み、困窮した現状を肌身で学び、「なんとかしたい!」と思った事が政治を志す原点でした。

--- 政治家(議員)として心掛けているところ。

100の言葉より、一つの実行です。耳触りの良い政策や、斬新なキャッチフレーズだけを語っても実現出来なかったら何の意味もありません。
派手さはなくても実直に一つ一つ身近な成果を積み上げていけるよう心掛けています。

--- 政治家として遣り甲斐を感じることは?

江戸川区でこういった施策を実現してほしい、こういった現状を改善してほしい等、区民の皆様から寄せられる切実な声に、対してしっかり応え実現出来た時です。

---力を入れている(入れていく)政策は?

江戸川区は地盤が低く、残念ながら水害が危惧されている地域の一つです。
水害から守る治水対策はもちろん、首都直下地震にも備える、災害に強いまちづくりは引き続きしっかり推進して行かなければなりません。
また、本区はお年寄りや子ども達の人口が多い事も良く知られています。
お年寄りが生きがいをもって元気に暮らして行ける熟年者施策や未来を担う子ども達へ、しっかりとした教育、スポーツの振興は誰もが思う所ではないでしょうか。

---政治家にならなかったら何になりましたか?

幼少期の夢はプロ野球の選手でした。体を動かす事が大好きだったので、体育の先生になりたいと思った時もありました。子どもの頃は漠然と運動やスポーツに関わりたいと思っていた頃を思い出します(笑)。
人と接する事が好きなので、人と交わる事が多いお仕事をさせてもらっていたと思います。

---有権者(特に若い方達)へのメッセージをお願いします

是非、貴重な投票権を行使して頂けたら幸いです。
誰に投票して良いかわからない・・・そういった声を良く耳にします。
一重に私達候補者の不徳の致す所であり、厳粛に受け止めなくてはなりません。
TVや新聞等の情報だけでは良くわからない事もあるかも知れませんが、一方で今はSNS等が普及し、それぞれ情報発信には力を入れている議員も増えています。
ほんの少し興味を持って頂く事によって政治が身近になる、きっかけの一つになるかも知れません。
それには、日々どういった活動をしているか等わかりやすく情報発信を行い、この人なら信頼できる等、魅力を感じてもらえるよう私達政治に携わる人間は死に物狂いで努力をしていかなければならないと考えております。